自分に合ったシルエットのデザインを選ぶ

自分に合ったデザイン

ドレスには多くのデザイン(シルエット)があります。
定番はAラインという、スカートがウエスト部分から徐々にアルファベットのAのように広がっていくタイプ、それから、プリンセスラインという、お姫様のドレスをイメージした、スカートがふんわりしているタイプです。
どちらもウエストが締まって見えるので人気です。
反対にエンパイアラインは、胸の下部分の切り返しからスカートがはじまっているため、妊婦さんのお腹が気にならない、ということで喜ばれるデザインです。
そして、マーメイドラインは文字通り人魚の尾ひれの様に膝下からスカートが広がっているデザインです。
色にもよりますが、背の高い方が身に着けると非常に迫力が出るデザインです。

気に入ったデザインが似合わないと悲しいですので、気になったら迷わずどんどん試着していきましょう。

会場によって使い分ける

スレンダーラインというデザインは、スカートのボリュームも抑えめで、体にフィットする細目のシルエットです。
比較的身長のある方が身に着けると似合うといわれていますが、ハイウエストなデザインのものを選べば、身長が低めな方も、すらっとして見えます。
ガーデンやレストランなど、あまり広くない会場で身に着けても映えるドレスが多いです。
最近人気が出ているミニ丈の膝上タイプのデザインは可愛らしい印象を与えます。
動きやすいので、こちらもレストランやガーデンウエディングなどに向いています。
逆に、引き裾(トレーン)の長いロングトレーンタイプはガーデンなどには不向きです。
やはり、トラディショナルなホテルウエディングに向いているデザインです。