カラードレスのトレンドは

会場による招待客との距離

照明器具がしっかり整っているホテルの宴会場やゲストハウスなどで行う場合は、照明効果も意識して、光る石やビーズを使った刺繍などが施されているドレスを選ぶと、非常に綺麗で印象的です。
また、室内装がゴージャスまたはシックにまとめられていますので、色合いも、ハッキリした濃い色を選んでも、非常に映えます。

ガーデンウエディングやレストランウエディングなど自然光が差し込む会場などではナチュラルカラーやニュアンスカラーなどでまとめると柔らかい陽の光と相性が良いです。
また、招待客との距離も近いので、柄やモチーフなども細かめのものを選ぶと、お役様とドレスの事での会話も弾み、アットホームな雰囲気を演出するのに一役買ってくれます。

ウエディングドレスとのギャップ

披露宴でウエディングドレスを着用する予定の場合、お色直しで再登場する際、シルエットが違うカラードレスで登場すると、そのギャップで招待客を楽しませることができます。
もともと、お色直しの意味合いが、純白のウエディングドレスとはガラッと変わったドレスで会場のお客様を喜ばせる意味合いがあります。

そして、会場と共にバランスに気を付けたいのが、新郎の衣装との相性です。
例えば、新婦がマーメイドラインのタイトなシルエットの場合は、新郎もスリムなシルエットのタキシードを選んだ方がすっきりします。
逆に、ボリュームのあるお姫様チックなドレスにの場合はモーニングコートやロングタキシードなどで登場すると、「お姫様を守る騎士」的なシーンを演出できるので好評です。